カラーセラピーの診断料金について


カラーセラピーのカウンセリングを神戸でしております。
Taecoです。

カラーセラピーをしていると、よく診断料金について聞かれます。
ちなみにTaecoの診断料金については↓

Skypeでカウンセリング 60分3500円
対面カウンセリング   60分5000円

Skypeでのカウンセリングをおすすめしております。
Skypeですと、ご予約を頂いていれば、
時間は出来るだけ対応させて頂けるからです。

さてさて。
カラーセラピーの診断料金で比較してみると、
30分 3000円
60分 5000円
という料金がカラーセラピーの相場なようです。(神戸でみると)
ちなみに、マッサージと同じような料金体系ですね。

『カラーセラピー=色彩療法』としては、とても安い料金設定です。
まだまだ安いところは探せばあるかもしれませんが、
それなりの診断料金を頂くということは、
私個人の意見になりますが、
セラピストとしても真剣にお客様に向き合い、
これから一生のお付き合いをしていくという気持ちで取り組みます。
また心のケアは1回で終わるのではなく、
何度も行うことで自分という人格が分かってくるものです。

みなさんも一度体験してみてくださいね。
posted by Taeco at | カラーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラーセラピーの発祥


カラーセラピーのカウンセリングを神戸でしております。
Taecoです。

ところで、
私Taecoがカラーセラピーをしているという事は、分かって頂けたかと思いますが、
どんなツールを使っているかの、説明がまだでしたので紹介させて頂きます。

私がカウンセリングに使っているツールは、
センセーションカラーセラピーと言います。

このカラーセラピーはバンクーバー(カナダ)が発祥です。
カラーセラピストのステファニー・ファレルによって設立されました。
そして、このセンセーションの特徴は、美しい10色の色を使った、
アロマオイルになっています。
色を見て、香りを楽しんで、という2つの効果で心を癒やしていきます。
欧米では、とても人気の高いシステムです。

と言っても、私はカラーセラピー発祥地バンクーバーに行ったことはなく、
センセーションカラーセラピーの資格は日本で取得しました。
カラーセラピストとしては一度バンクーバーに行ってみたいものです。

ちなみに…
Taecoは講師も出来るのです〜
posted by Taeco at | カラーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラーセラピー知恵袋 第2回


カラーセラピーのカウンセリングを神戸でしております。
Taecoです。

前回に引き続きカラーセラピー知恵袋、第二弾としまして、第2回目を書きたいと思います。
第3回、4回と掲載していと思っていますので、お楽しみに〜

さてさて。今回はダイエットについてです。
「ダイエットには、青いお皿を使ってみる!」などと良く言われています。
その理由は、食欲抑制、落ち着く、などがあります。
これはみなさん知っている人も多いと思います。

そこで青のイメージをしてみてください。
先ほどの抑制、落ち着くは、もちろん。
冷たい、暗い、水…など
ご飯を食べたい時は「冷たかったり、暗かったり」すると食欲は湧きますか?
湧かないですよね。
食べ物が美味しそうに見えるのは、色鮮やかに食べ物が、
光に反射されているからではないでしようか。
そして水。水と言えば流されると連想します。
食べ物を体内に留まらせないデドックス効果ですね。

だからと言って私個人的には、
食事は美味しく食べたいので、青の食器にはしないと思います。
こんな所でも色の影響は発揮されているのですね。

第2回 Taecoのカラーセラピー知恵袋でした。
posted by Taeco at | カラー豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラーセラピー知恵袋


カラーセラピーのカウンセリングを神戸でしております。
Taecoです。

今回はカラーセラピー知恵袋としまして、第一弾を書いてみたいと思います。

先日、神戸の町を散策していると、フェラーリが5台。連なって走っていました。
色は赤、黄、白。その中でも赤が3台という台数でした。
フェラーリといえば赤。
なぜかと言えば、フェラーリはイタリア車です。
自動車には国際色があり、イタリアでは『赤』とされています。
ですが、色の心理的影響もあるのではないかと思っています。

そこで、赤のイメージを想像してみてください。
愛、激しい、はやい、戦い…など
フェラーリのイメージ・・・速い、レースなどで激しい戦い
イタリアのイメージ・・・愛、トマト、やさしい
私の思ったイメージですが、見て、言葉にして色を感じられます。
そう考えると色は不思議です。
こんな感じで色の影響が、さまざまな所で使われているかもしれませんね。

第一弾 Taecoのカラーセラピー知恵袋でした。

posted by Taeco at | カラー豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラーセラピーが怪しい!?


カラーセラピーのカウンセリングを神戸でしております。
Taecoです。

「カラーセラピーって怪しいです」と言われた事があります。
私からすると『え〜!何で???』と聞き返してしまいます。
みなさんはカラーセラピーに対してどんなイメージを持っていますか?
まずはカラーセラピーの歴史を簡単に振り返ってみましょう。

カラーセラピーの歴史は古く紀元前4世紀。
さまざまな色の膏薬(こうやく)を傷に塗ったりして治療に使われてきたと言われています。
また古代エジプトでは太陽の光を使い特定の色の光線が差し込むような部屋を作り、
その光を使い治療していたと言う記録も残っているそうです。
そして19世紀にはアメリカのバビットが『光と色の原理』を出版し、今のカラーセラピーの考え方のベースになり、多くの人々に受け継がれて実践されています。
例えば、イギリスでは青色の街灯を設置したところ犯罪が減少したとする事例が紹介されています。

これで「カラーセラピーが怪しい」なんて思わなくなったでしょう!
posted by Taeco at | カラーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする